建設業許可に関するご相談承ります

経営事項審査申請用語解説

  • HOME »
  • 経営事項審査申請用語解説

総合評定値

総合評定値は経営事項審査申請にて算出され、入札参加資格申請の際必要になる
建設業者の規模を測る指標のひとつです。
具体的には下記の数値から算出されます。

◎総合評定値(P)= 0.25(X1) + 0.15(X2) + 0.2(Y) + 0.25(Z) + 0.15(W)
※小数点以下に端数がある場合は四捨五入

①経営規模(X) ・完成工事高(X1)

・自己資本額(X2)

・利払前税引前償却前利益(X2)

②技術力(Z) ・技術職員数

・元請完成工事高

③その他の 審査項目 (社会性等) (W) ・労働福祉の状況

・建設業の営業継続の状況

・防災活動への貢献の状況

・法令遵守の状況

・建設業の経理の状況

・研究開発の状況

・建設機械の保有状況

・国際標準化機構が定めた規格による登録の状況

・若年の技術者及び技能労働者の育成及び確保の状況

④経営状況(Y) ・純支払利息比率

・負債回転期間

・売上高経常利益率

・純資本売上総利益率

・自己資本対固定資産比率

・自己資本比率

・営業キャッシュフロー(絶対値)

・利益剰余金(絶対値)

経営事項審査申請のページに戻る

 

PAGETOP
Copyright © 行政書士小泉事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.