建設業許可に関するご相談承ります

建設業許可申請関連用語解説

  • HOME »
  • 建設業許可申請関連用語解説

建設業

元請、下請その他いかなる名義をもつてするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいう。(建設業法第2条)
したがって、雇用契約や委任契約によって行う工事は建設業とは扱いません。
建設業許可申請のページに戻る

軽微な工事

以下の条件を満たす工事を軽微な工事といい、

軽微な工事のみを行う場合は建設業の許可は不要です。

建築一式工事 ① 1件の請負代金の額が1,500万円に満たない工事

② 延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事

(①または②のいずれかに該当する工事)

上記以外の工事 1件の請負代金の金額が500万円にみたない工事

※請負代金の額は、同一の建設業を営む者が工事の完成を二以上の契約に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の額の合計額とする。

※注文者が材料を提供する場合においては、その市場価格又は市場価格及び運送賃を当該請負契約の請負代金の額に加えたものを第一項の請負代金の額とする。
建設業許可申請のページに戻る

建設業許可を受けるための主な要件

・経営業務の管理責任者が常勤でいること
・専任技術者を営業所ごとに常勤で置いていること
・請負契約に関して誠実性を有していること
・請負契約を履行するに足りる財産的基礎又は金銭的信用を有していること
・欠格要件等に該当しないこと

上記の建設業許可の要件は非常に重要な部分であり、また専門的になります。
さらに詳細が知りたい方は各都道府県の手引きにてご確認いただくか、
当事務所にお気軽にご相談ください。
建設業許可申請のページに戻る

PAGETOP
Copyright © 行政書士小泉事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.